複数の不完全修理を考慮したマルコフ的劣化モデルについて On a Markovian Deteriorating Model with Multiple Imperfect Repair

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,定期的にシステムの状態が観測され,この観測された状態が時間離散的マルコフ連鎖に従って劣化するシステムを考える.点検後,稼働,修理,取り替えの内の1つの行動を取る.修理はM通り存在し,修理後の状態は不確実である.このようなモデルについて,無限期間における総期待割引コストの最小化を目的としたとき,幾つかの適当な条件の下,一般化されたコントロールリミット・ポリシーが最適となることを導く.複数修理に着目したときの最適保全政策の性質を明らかにする.さらに,得られた性質が本稿で提示した条件よりも緩い条件の下でも成り立つことを数値実験によって検証する.

This paper considers a system which is inspected at equally spaced points in time and whose deterioration follows a discrete-time Markov chain with an absorbing state. After each inspection, one of the following actions can be taken: operation, imperfect repair m (1&le;m&le;M) or replacement. When imperfect repair m is taken, the system in state i moves to state j with probability q^m_<ij>. We study an optimal maintenance policy which minimizes the expected total discounted cost for infinite horizon. It is shown that a generalized control limit policy is optimal. We investigate some properties of the optimal policy from the point of multiple repair. Furthermore, numerical analysis is conducted.

収録刊行物

  • 日本信頼性学会誌 信頼性

    日本信頼性学会誌 信頼性 26(7), 699-709, 2004

    日本信頼性学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007483670
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0919-2697
  • NDL 記事登録ID
    7157717
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-2023
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ