音叉の振動とエネルギー保存則  [in Japanese] Vibrations of Tuning Fork and the Law of Conservation of Energy  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

音叉の振動エネルギーの一部分は音のエネルギーとして空気中に放出される.また,音叉に共鳴箱を近づけると大きな共鳴音が聞こえる.この場合には音叉のエネルギー消費は当然大きくなり,振動の減衰も早くなる.音叉の振動エネルギーが消費される行く先として,(1)音叉から直接空気中に放出される音のエネルギー,(2)音叉の内部吸収などによるロスエネルギー,(3)共鳴箱の効果によって放出されるエネルギー,の3種類が考えられる.そこで,音叉が1周期振動する間に消費されるこの3種類のエネルギーの割合を求める実験を行った.そのために,共鳴箱の有無及び空気の有無による音叉の減衰時間のちがいを測定した.その結果の一例として,音叉の消費エネルギーは先の順番でおおよそ1:5:22の割合となった.また,共鳴箱のある場合に音叉の音の可聴時間が共鳴箱のない場合の時間に比べて長く感じることがありうることを実験データを使って解析した.なお,減衰時間の測定は,音叉の振幅が半減する間の振動の回数を自動的に数える装置を考案して行った。

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 29(1), 42-46, 1981

    The Physics Education Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007489086
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0385-6992
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top