電子レンジの加熱原理に関する誤解  [in Japanese] Misunderstanding on the Mechanism of Heating by Microwave Ovens  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

電子レンジの加執原理を説明する際に,振動する水の分子同士の摩擦熱を考える場合があるが,真実に反している上,熱の分子運動論や摩擦現象のミクロなイメージの涵養を妨げる。いくらかの調査の結果,摩擦熱の説明はかなり流布していて,生徒もテレビなどを通じて聞き,更に学校教育までも荷担していることが判明した。摩擦熱を考える代わりに,「分子が振動していれば,そのエネルギー自体が熱である」と述べた方か良い。もし分子運動論を避けるのであれば,逆に電子レンシの加熱原理についても触れない方が良いと思われる。

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 54(2), 103-107, 2006

    The Physics Education Society of Japan

References:  5

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007490405
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0021972X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL Article ID
    8005533
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z15-2
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top