作用反作用の法則の説明論理に見られる誤概念の起源  [in Japanese] The Background of the Interpretation of Newton's Third Law  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

作用反作用の法則については,生徒だけでなく教師の間にも誤解が広まっていることから,その誤解は根深いと言える。その誤解の起源は「因果スキーマ」が,作用反作用の法則を説明するための論理として働くことによって生じると考えられる。一問一答で正しく答えられるようになったとしても,本質的な理解をしているとは限らず,学習者の理解や認知の過程を考慮した学習素材や,カリキュラムの再構築が必要と思われる。

Journal

  • Journal of the Physics Education Society of Japan

    Journal of the Physics Education Society of Japan 56(4), 272-277, 2008

    The Physics Education Society of Japan

References:  18

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007490662
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0021972X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL Article ID
    9746857
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z15-2
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top