「ニセ科学」入門(ニセ科学シンポジウム) An Introduction to 'Pseudo-Science'(Report of Symposium on Pseudo-Science)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シンポジウムではニセ科学の中でも物理学者にかかわりの深いものや物理学者の注意を喚起しておきたい問題について概観した。物理学者に限らず,科学者であればニセ科学問題に注意を払うべきであるし,ニセ科学に対して積極的に発言していくのが望ましいと思うが,いかんせん問題の存在自体に気づいていない物理学者も多い現状では,まずは問題提起をしようという趣旨である。以下,シンポジウムで話した内容をまとめる。なお,筆者のウェブサイトでもニセ科学関連の議論を行っているので,興味のあるかたは覗いてみていただきたい。

収録刊行物

  • 物理教育

    物理教育 54(3), 220-224, 2006

    日本物理教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007491322
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0021972X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0385-6992
  • NDL 記事登録ID
    8513486
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z15-2
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ