大気圧空気GM係数装置の製作と放射線測定 Atmospheric Air-filled GM Counter for Low-cost Experiment of Radioactivity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

直径10mm程度の大気圧空気GM管は,3000V〜4000Vの問で動作し,ほぼ1000V以上の範囲にプラトーと思われる領域が存在する。大気圧空気GM管とう特性を利用して,^<222>Rn(トロン)の半減期を測定した。また,^<222>Rnの娘核種の放射線測定にも良好な結果を得た。動作電圧が高く,強い線源の放射線は測定できないという短所はあるものの,簡単に手作りでき,環境等の弱い放射線の測定には十分機能することがわかった。

収録刊行物

  • 物理教育

    物理教育 41(3), 262-265, 1993

    日本物理教育学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    矢野淳滋

    物理教育 38-4, 312, 1990

    被引用文献2件

  • <no title>

    北村俊樹

    物理教育 41-1, 34, 1993

    被引用文献4件

  • <no title>

    米村傳治郎

    物理教育実践検討サークル 79, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    米村傳治郎

    物理教育 41-2, 192, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    菊池文誠

    物理教育 39, 136, 1991

    被引用文献4件

  • <no title>

    山下太利

    物理教育 29-3, 210, 1981

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007495517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0021972X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03856992
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ