アトウッド実験の教育的意義 Educational Significance of Atwood's Experiment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトウッドの実験は,明治時代には多くの教科書で扱われていた。しかしその扱いはしだいに軽いものになり,いったん教科書から消えた。しかし,昭和48年の「物理I」の教科書からは,運動方程式の演習問題として復活した。その理由は定かでないが,本実験の学習目的に疑問をもつ生徒は少なくない。そこで本稿では,本実験の教育的意義を検討してみることにした。研究成果からは,本実験の歴史的意義は大きいことがわかったので,これを教育的意義として評価することを考えた。つまり本実験は,単に重力加速度の測定実験ととらえるだけではなく,運動の第1法則,第2法則の検証実験としても位置づけることができる。このような視座からは,本実験の教育的意義は大きいので,高校物理の生徒実験として効果的に位置づけることを考えた。

収録刊行物

  • 物理教育

    物理教育 41(4), 435-438, 1993

    日本物理教育学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    永田英治

    理科の研究, 2-3, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    ATWOOD G.

    A TREATISE ON THE RECTILINEAR MOTION AND ROTATION OF BODIES; WITH A DESCRIPTION OF ORIGINAL EXPERIMENTS RELATIVE TO THE SUBJECT, 298-337, 1784

    被引用文献1件

  • <no title>

    Dictionary of Scientific Biography, 326-327

    被引用文献1件

  • <no title>

    永田英治

    理科の研究 6月号, 2-3, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    広重徹

    物理学史I, 82-83, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    大沼正則

    科学の歴史 128, 1992

    被引用文献1件

  • 簡易アトウッド装置の製作

    服部重章

    日本理化学協会 山口大会誌, 40-41, 1992

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007495575
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0021972X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385-6992
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ