紙筒と空ぎ缶を利用した高感度GM管の製作 Making Sensitive Geiger Counters by Using Paper Pipe and Used Can

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

誰にでも製作できる簡易型の空気GM管を2種開発した。一つは,コンデンサーを電源とした携帯型のGM管である。棒起電器で充電し,放射線入射に伴う放電で生じるノイズ電波をAMラジオで検出する。授業の導入実験等に最適である。もう一つは,電源として,小型高圧電源と紙製の電圧調整器を用いたものである。改造歩数計を用いれば,相対強度ではあるが,定量実験ができる。生徒と,身の回りの放射線を調べたり,ラドン220の半減期の測定,β線の遮へい実験などを行い,効果を確かめた。

収録刊行物

  • 物理教育

    物理教育 50(1), 23-27, 2002

    日本物理教育学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007495864
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0021972X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03856992
  • NDL 記事登録ID
    6112958
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z15-2
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ