訴えの提起と不法行為法--最高裁判決を契機として  [in Japanese] The filing of an action as a tort: lessons learned from recent supreme court decisions  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一.はじめに 1.問題意識 2.検討の対象二.最高裁判決の状況 1.昭和六三年判決(最判昭和六三年一月二六日民集四二巻一号一頁) 2.平成一一年判決(最判平成一一年四月二二日裁時一二四二号一頁) 3.平成二一年判決(最判平成二一年一〇月二三日) 4.検討三.学説の状況 1.概観 2.従来の学説において考慮されていた要素について  ⑴違法性―末川博  ⑵故意―平井宜雄  ⑶故意―吉田邦彦  ⑷不法行為の成否が判断される際に応訴者について考慮される要素   ⒜訴訟にかかわらしめられないという法律生活の平穏ないし自由(平穏生活権)   ⒝人の財産状態ないし経済活動一般に対する不利益 3.従来の学説において十分考慮されていなかった要素について  ⑴裁判制度の趣旨目的  ⑵裁判を受ける権利  ⑶訴えが提起されることにより損なわれる応訴者の利益(権利)四.おわりに

Journal

  • Sandai law review

    Sandai law review 43(3・4), 500-524, 2010-02

    Kyoto Sangyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007501104
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00099344
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02863782
  • NDL Article ID
    10588980
  • NDL Source Classification
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL Call No.
    Z2-275
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top