スウェーデンにおける生物多様性の保全に資する森林管理の試み(保全情報) Forest management for conserving biodiversity : Matrix management in Swedish forests(News)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 章 Mori Akira S
    • 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Graduate School of Environment and Information Sciences, Yokohama National University

抄録

森林は陸域の生物相の約65%を支えており、森林における生物多様性の保全は、多くの分類群の保全につながる。しかし、人為の影響を欠いた森林はごく僅かで、多くの森林が人間の生活活動の場である。そのような森林においても、生態系の人為改悪を防ぎ、生物多様性の保全という機能を持たせることが、これからの持続可能な森林管理における主要課題である。本研究では、「自然生態系、生態プロセス、生物多様性の保全を主目的にしていない景観中のエリア」と定義される"マトリックス"において、如何に生物多様性に配慮するか、配慮できるか、その重要性を論じる。そこで、日本と同様に森林面積が高く、保護区率の低いスウェーデンでのマトリックスマネジメントの事例に着目した。スウェーデンでは、歴史的に長い間、人間活動が行われ、土地所有形態も零細かつ複雑になっている。国や地方自治体が大規模な自然保護区や国有林を一元的に所有・管理できる状況ではなく、国有林面積は僅か7%ほどで、民有林が国土の大半を占めている。しかし、スウェーデンでは、各土地所有者が生産性だけに焦点を当てた森林施業を行うわけではなく、生物多様性に配慮した新しい森林施業・管理を行っている。国立公園や自然保護区といった法的な保護対象となる森林の保全だけでなく、希少種の生育する潜在性の高い森林を数多くの私有地に指定し、伐採せずに保護している。また、伐採活動を行う施業林においても、伐採時に全ての樹木を伐採、搬出するのではなく、動植物相のための住み場所としての樹木や枯死木を残しておくといった、生態系の機能や生物多様性に対する配慮がなされている。つまり、スウェーデンでは、マトリックスの中に存在する、経済活動の対象となる森林において、如何にして生物多様性に配慮しながら管理、保全するのかを重要視している。このようなスウェーデンで実施されている新しい森林管理は、人為影響を受け続けた日本の森林生態系の保全、復元、そして管理に対しても、非常に重要な示唆を含んでいると考えられる。

In recent years, much attention has been paid to conserving forest biodiversity. This fact is not surprising, given that 65% of terrestrial taxa depend on forest ecosystems. The challenge facing future forest ecosystem managers is to conserve forest biodiversity and prevent natural degradation in the face of detrimental human activities. This review focuses on forest management issues in Sweden, where human activities have affected forests over a long period of time. In Sweden, the forests have been divided into small parcels for private ownership. As a result, forest management is contingent upon the desires of many individual landowners, greatly hindering the creation of large protected areas to initiate conservation practices. However, forest managers in Sweden have devised a new approach that focuses on timber productivity while also maintaining biodiversity. In addition to national parks and nature reserves, some productive forests, so-called "woodland key habitats," on private land harbor red-listed species that are protected from logging. New forest harvest practices, such as leaving live and dead trees as potential habitat for many biota (including threatened species), have been introduced throughout the country. As a result, Sweden has made biodiversity a priority in private forests used for timber production. Such novel matrix management practices would be very useful in restoring, conserving, and managing Japanese forests, which have similarly been inexorably changed by long-term human activity.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 14(2), 283-291, 2009

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  44件中 1-44件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007503418
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    10519514
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ