教科書に準拠した算数科提示用デジタルコンテンツの評価  [in Japanese] Evaluation of Digital Content for Teaching Presentation Based on Arithmetic Instructional Textbook  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

教科書に準拠した算数科提示用デジタルコンテンツを活用した授業実践を行い,実物投影機を活用した授業との比較から,本コンテンツを評価した.その結果,提示用デジタルコンテンツを活用した授業では,実物投影機を活用した授業と同じレベルまで理解度が高まっていた.児童や教員を対象にしたアンケート結果では,両群共に4段階評価で平均3を越える高い評価であったが,両群を比較すれば,本コンテンツを活用した授業の方が高い評価であった.児童の楽しさや満足,教員の板書のしやすさといった項目で,より高い評価が得られていた.また,本コンテンツを活用した授業の方が,拡大提示にかかる操作時間は短く,数多くの指導場面で教科書の拡大提示が行われるといった授業の特徴も明らかとなった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 33(Suppl.), 117-120, 2009

    Japan Society for Educational Technology

References:  5

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007503456
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    10536174
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top