社会人講師による教授活動を成立させるCSCLの活用 : 中学校理科「音」の学習における交流から  [in Japanese] Use of CSCL for the Guest Teacher's Effective Lecture : From the Exchange in the Study of Junior High School Science "Sound"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

社会人講師による教授活動の効果を高めるため,中学校理科「音」の学習においてCSCLを利用し概念地図を用いた社会人講師と生徒の交流を行った.具体的な交流は,(1)学習者の概念地図を社会人講師に提示する,(2)学習者の概念地図に専門的な知識(知恵)を社会人講師が付加する,(3)社会人講師の講話は,付加した概念地図を表示しながら行う,である.この結果,学習者は,単元の学習の復習や理科の有用感を高めることが明らかになった.また,概念地図を提示する効果が明らかになった.更に,社会人講師は,学習内容や学習者の理解状況が把握でき,かつ専門的知識を関連できるため,安心して講話に臨めることが明らかになった.CSCLを利用した交流は,異文脈間の境界横断を支援する手段の一つになると考えられる.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 33(Suppl.), 157-160, 2009

    Japan Society for Educational Technology

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007503466
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    10536216
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top