ワークショップ実践家が捉える空間の利用可能性に関する研究  [in Japanese] Research on Application Potency of Space that Workshop Practitioners Recognize  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ワークショップのデザインプロセスのうち,初期段階のアイディアの生成過程における実践家の思考過程を明らかにすることを目的とし,6名の実践家を対象に,思考発話法と半構造化インタビューを用いて実験を行った.案の生成と下見時の空間体験との関係について分析を行った結果,新たな案が生まれる際に,空間がそのきっかけとなっていることが明らかになった.また,デザインプロセスにおいて既出の案が別の案へと展開される際にも,多くの場合空間に関する気づきや解釈がきっかけとなっていることがわかった.

Journal

  • Japan Journal of Educational Technology

    Japan Journal of Educational Technology 33(Suppl.), 173-176, 2009

    Japan Society for Educational Technology

References:  4

  • Planning and Managing Workshops for Results

    HARRIS E. M.

    New Directions for Continuing Education 22, 39-53, 1984

    Cited by (1)

  • <no title>

    美馬のゆり

    「未来の学び」をデザインする 空間 活動 共同体, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    中野民夫

    ファシリテーション革命 参加の場づくりの技法, 2003

    Cited by (1)

  • A New Agenda for Workshop Design  [in Japanese]

    KIMURA Kayo , OTA Rumiko , ISHIKAWA Sayo , UEDA Nobuyuki

    nfomncff on Educational Technologn 6(2), 527-528, 2000-10-07

    References (1) Cited by (4)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007503470
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11964147
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL Article ID
    10536229
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top