1992年の農耕地分布に基づくデジタル農耕地土壌図の作成 Digital soil map of Japanese croplands in 1992

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地力保全基本調査において作成された全国農耕地土壌図(1/5万)は,1970年代からの農地改廃等の土地利用変化は反映されていない.そこでGIS,1992年版基盤整備基本調査図,地形図を用いて,(1)新しいデジタル農耕地土壌図の作成,(2)地目別の土壌群ごとの分布面積算出,(3)地目改変に伴う土壌群別の分布面積変化の解析を行った.地力保全基本調査時と同様に,水田では灰色低地土およびグライ土が優占し,非水田では黒ボク土および褐色森林土が優占した.土地利用変化に伴う土壌群別の分布面積変化は水田では灰色低地土およびグライ土,非水田では黒ボク土および褐色森林土の減少が顕著であった.

収録刊行物

  • 日本土壌肥料学雑誌

    日本土壌肥料学雑誌 80(5), 502-505, 2009

    日本土壌肥料學會

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007504072
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195767
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0029-0610
  • NDL 記事登録ID
    10462984
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-331
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ