樹脂固化薄片を用いた牛ふん堆肥ペレットの微細形態観察 Micromorphological observation of pelletized cattle compost using thin sections

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

堆肥のペレット化はハンドリングの改善、汎用管理機による施用可能化、成分や肥効の均質化、貯蔵性の改善、流通コストの低減などのメリットがあり、その促進は家畜排泄物等の有効利用の面から重要である。近年、堆肥ペレットは製造、施用効果、他資材とのブレンドによる成分調整、無機成分の放出特性や窒素の無機化特性、温暖化ガス発生など、多くの面から研究が行われている。土壌のような多孔質体の微細形態を簡易に観察する手法として、樹脂で固化した薄片を作成し顕微鏡観察する方法がある。この方法による土壌の微細形態観察は、確立された研究手法として膨大な研究蓄積がある。筆者らは、この手法を牛ふん堆肥ペレットに応用し、ペレットの薄片作成と微細形態観察が可能であることを示すとともに、ペレットの微細構造と施用後の経時変化を解析したのでここに報告する。

収録刊行物

  • 日本土壌肥料学雑誌

    日本土壌肥料学雑誌 80(5), 522-525, 2009

    日本土壌肥料學會

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007504076
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195767
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0029-0610
  • NDL 記事登録ID
    10463140
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-331
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ