電子マネーとポイントカードのスイッチングコスト分析

この論文をさがす

著者

抄録

電子マネー・ポイントカードの普及や,発行主体の企業戦略を理解するためには,利用者の囲い込み(Lock-In)が鍵となる.この囲い込み現象の分析に欠かせないのが,スイッチングコストという概念,およびゲーム理論の考え方だ.スイッチングコストの経済分析は,この20年ほどで研究が急速に進んだ比較的新しい分野である.本稿では,スイッチングコストの基礎モデルを紹介しながら,電子マネーやポイントカード市場における囲い込み現象について考察する.

収録刊行物

  • オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch

    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch 55(1), 19-24, 2010-01-01

    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007504187
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00364999
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00303674
  • NDL 記事登録ID
    10545944
  • NDL 雑誌分類
    ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL 請求記号
    Z4-108
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ