フジテレビアーカイブの現状と課題(<特集>企業の情報部門の現状と展望) The archive of Fuji Television Network(<Special feature>The current state of special libraries in Japan)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放送番組はその時代で最新の媒体を使ってきており,テレビ番組のアーカイブも放送された媒体に合わせて保存されてきた。テレビにおけるアーカイブの歴史は短いが,番組媒体の種類はフイルムから磁気のビデオテープ,ディスク等,いろいろな媒体で保存されてきた。放送形態の変更があると,古い素材を新しい媒体へ変換しなければならず,この作業は繰り返されている。2000年からは徐々にデジタル化が進み,デジタルアーカイブの導入により,保存される番組もファイル化され,社内のLocal Area Network(LAN)を利用して保存された番組の検索,閲覧ができるようになった。

The television program medium has been stored on many kinds of medium, such as a magnetic video tape, a disk, a film and so on. And forms of broadcasting have been changed until now, so we have been obliged to convert the old TV program materials into the lastest one. The effort has been done repeatedly. Technology for archives has been advanced into digital archives system. And the save of the programs has been filed in the system. As a result, it's available for us to refer to the stored programs and inspect them at our own desk through Local Area Network in the office.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 60(1), 17-22, 2010

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007504229
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    10494968
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ