知識創造実践のための「知識構築共同体」学習環境(<特集>協調学習とネットワーク・コミュニティ) "Knowledge Building" Learning Environment for Knowledge Creation(<Special Issue>Collaborative Learning and Networked Communities)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,まず,学習環境のデザインにおいてこれまで重視されてきた「共同体(community)」の視点の歴史的変遷を概観する.その上で,現在広く利用されている「学習共同体(community of learners)」アプローチと著者らの提案する「知識構築共同体(knowledge building community)」の比較検討をとおして,「導かれた発見(guided discovery)」から「知識創造(knowledge creation)」という認識論的移行を検討する.そして最後に,こうした認識論の違いが教室環境をデザインする際に,その要素技術の選択や開発にどのような影響を及ぼし,さらには学習者の認知的活動にどういった違いが現れるのかについて,国内の実践例をもとに議論を展開する.

The history of research on the community perspective in classroom research is briefly described first. Following it, the conception of the "community of learners" is speculated and its problems with considering 21st century skills are identified. As a solution to the problems, a new conception of the "knowledge building community" based on the epistemology of knowledge creation is proposed. Finally, classroom practices in a Japanese classroom based on the new epistemology is discussed as an example.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 33(3), 197-208, 2010

    日本教育工学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007520566
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    10569251
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ