教育現場から発信するIRのシステム構築に向けて(シンポジウムIII「学生調査とIR」,ミニシンポジウム)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

名城大学では学生の英語運用能力の向上を図る戦略として,英語多読教育を実践している。多読教育に関する情報は,図書館総合管理システムに蓄積し,教職協働体制の下で,学生の学習情報を随時把握・分析し,教育改善及び学習環境の整備充実に役立てている。本発表では,教職協働による組織的かつ実践的な教育開発の取り組みを基に,我が国における"教育現場から発信するIRのシステム構築"について考察を深める機会としたい。

Journal

  • Educational Information Research

    Educational Information Research Special(0), 75-78, 2009

    Japan Society of Educational Information

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007521467
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10084172
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集 // 会議録・学会報告
  • ISSN
    0912-6732
  • NDL Article ID
    10614903
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1876
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top