長野県黒姫山の亜高山帯に成立する高山性植物群落の立地条件 Site factors of the alpine plant communities on the subalpine belt of Mt. Kurohime, Nagano Prefecture, central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  1. これまで研究事例のなかった,標高的な森林限界に達していない山岳の亜高山帯針葉樹林域に高山性植物群落が成立している要因を明らかにするため,長野県黒姫山のカルデラ内壁の岩塊斜面下部において,植物群落の特性,立地・気象要因について調査した.<BR>  2. TWINSPANの解析によって区分された各群落は,斜面下部から上部へ向かって順に,チシマザサ群落,コメバツガザクラ-ミネズオウ群集,コケモモ-ハイマツ群集,アカミノイヌツゲ-クロベ群集(オオシラビソ群集のコメツガ亜群集),オオシラビソ群集に相当すると考えられた.<BR>  3. 黒姫山の岩塊斜面は最終氷期の中期ころ形成され,天狗の露地に成立している高山性植物群落(コメバツガザクラ-ミネズオウ群集)は,そのころに分布していた極地性植物群落に由来すると考えられた.<BR>  4. 高山性植物群落の成立に対して積雪が影響を及ぼしているとは考えられなかったが,風穴から吹き出す冷気は高山性植物の繁殖や生存に影響を及ぼしている可能性が考えられた.<BR>  5. 天狗の露地には高木性樹種の種子が供給されていたが,岩塊上では土壌の発達がきわめて悪く,薄い植物腐植しか堆積していないため,定着した高木性樹種はその生育が著しく抑制されていた.<BR>  6. 本調査地の高山性植物群落に侵入し,その生育地を縮小させるパイオニア的役割を果たしている樹種は,ハイマツと低木状のコメツガであった.<BR>  7. 本調査地の岩塊斜面上での植物群落の変遷は,高山性植物群落からコメツガ群落,オオシラビソ群落へと進んでいったと考えられ,岩塊斜面に侵入した植物によるリターの供給と有機物層の堆積が重要な役割を果たしていた.<BR>  8. 岩塊斜面の下部に位置する天狗の露地では,粗大な岩塊の影響で土壌の発達が妨げられているために高木性樹種が定着しにくく,高山性植物群落が遺存できたと考えられた.

We investigated the characteristics and environmental conditions of alpine plant communities distributed on the lower position (1820m a.s.l.) of a block slope along a subalpine belt on Mt. Kurohime, Nagano Prefecture, central Honshu, Japan. This site is 1200m^2 in area and commonly known as "Tengu-no-Roji". Although alpine plants, such as Vaccinium vitis-idaea, Empetrum nigrum var. japonicum, and Loiseleuria procumbens, were distributed at the site, the seedlings of trees from the subalpine belt (e.g., Betula ermanii and Abies mariesii) were also present. There existed very little soil matrix on or among blocks, and the deposition of organic matter on the block was thin; therefore, the growth of trees was remarkably limited. The litterfall of Pinus pumila and Tsuga diversifolia growing along the edge of the site (Tengu-no-Roji) increased the thickness of organic matter deposition on the block slope, allowing trees to grow within this alpine plant community. T. diversifolia and Thuja standishii, which throve on the slope, further augmented the layer of organic matter deposition, and the vegetation of the block slope shifted to a mixed forest of coniferous and broad-leaved tree species, primarily consisting of A. mariesii and Betula spp. The alpine plant community of the study area showed a relic distribution remaining after the migration of subalpine tree species during a postglacial warming period. Our results suggest that the unique plant distribution of the study area resulted from the accumulation of huge blocks that prevented soil developments. Continuous low temperatures at the cool-spots site may allow the alpine plants to thrive there.

収録刊行物

  • 植生学会誌

    植生学会誌 26(1), 21-32, 2009

    植生学会

参考文献:  46件中 1-46件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007522411
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11347548
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-2448
  • NDL 記事登録ID
    10367884
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物) // ZU4(書誌・図書館・一般年鑑--専門書誌)
  • NDL 請求記号
    Z18-3499
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ