南琉球宮古伊良部島方言の形容詞 The Adjective Class in Irabu Ryukyuan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿の目的は,南琉球宮古伊良部島方言(以下伊良部島方言)の形容詞を定義することである。これまで,伊良部島方言を含めた宮古方言全体の研究史において,形容詞という用語は複数の形式(munu「もの」を主要部とした複合,畳語,活用など)に対して広く用いられ,当該方言の共時的な品詞体系を重視して形容詞を定義した論考はほとんど存在しない。さらに,ある形式を「形容詞」と呼ぶことが一般言語学的に見て適切かどうかという通言語的・類型論的な視点からの考察がなかった。したがって本稿では,共時体系における他品詞(名詞と動詞)との張り合いの中で形容詞を定義し,さらに通言語的な観点から,形容詞と呼ぶにふさわしい形式を考察する。その結果,形容詞としてはむしろ二次的に考えられてきた畳語形式のみが形容詞と呼ぶにふさわしく,複合形式と活用形式は名詞と動詞の下位クラスとして考えられることを示す。

The aim of this study is to give the definition of the word class adjective in Irabu Ryukyuan (henceforth Irabu), a north-west variety of Miyako Ryukyuan. It is well known among Ryukyuan linguists that Miyako Ryukyuan has a wide range of word forms that encode an 'adjectival' meaning, i.e. the compound form with the formal noun munu, the reduplicated form, and the inflected form, all of which have been referred to as 'adjectives' based on their semantic characteristics. Based on both language-internal criteria (morphosyntactic criteria) and typological criteria (functional criteria, i.e. cross-linguistically recurrent function of adjective), I will show that the reduplicated form is the only candidate for the adjective class in Irabu, contrary to the traditional view on 'adjectives' in the literature where the reduplicated form has always been treated as a secondary or special kind of adjective.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 5(3), 33-50, 2009

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007530477
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10390534
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ