語順から見た強調構文としての上代「-ソ-連体形」文について So Adnominal Form Construction in Ancient Japanese as an Emphatic Sentence Structure from the Perspective of the Arrangement of Words

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

上代における「-ソ-連体形」文においては、「ソ」と述語との間に、格助詞「ヲ」を始めとして、格成分が主語を除いてあまり現れない。この現象について、本稿では以下のような考察を加えた。「ソ」は、述語と隣接または近接することで述部を構成し、述語を「焦点」に含むのが主たる用法である。そして、格成分は「ソ」がよく承接する要素である。それに加え、述語の項が「焦点」から外れる場合には「ソ」と述語との間には現れない。その結果、格成分の出現率が低くなっているものと推測できる。また、主語の出現率の高さは、主語そのものの出現頻度と重要度の問題であると考えられる。

With so adnominal form constructions in Ancient Japanese, arguments, such as the case marker wo, seldom come between the postpositional word so and the predicate. However, ga and no, and the emphatic particle ha are exceptions to this and do often come between so and the predicate. But in the case of ya and ka which are similar constructions to so, ha seldom comes between ya(ka) and the predicate. This study examined this phenomenon as follows. First, the prominence from using so constitutes part of the predicate through its proximity to the predicate. It is primarily characterized by its inclusion of the predicate as a focus. When the argument is out of the focus, case markers do not come just before so or between so and the predicate. Second, so often attaches to the argument. Consequently, it can be deduced that arguments come between so and the predicate infrequently.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 5(3), 95-80, 2009

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007530478
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10390562
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ