中世呉音字音直読資料における境界の消滅について A Study on the Disappearance of Reading Boundaries in Medieval Texts Read According to Go Pronunciation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来、字音直読資料は規範性の高い字音注を得られる資料群として重視されてきたが、その一方で漢文訓読資料や仮名交じり文の日本漢字音には見られない特徴がある。すなわち、親鸞自筆『観無量寿経註』においては、同じ文字列を訓読した場合「語頭」として出現すると考えられる箇所で中低型回避や連濁などといった日本語化が発生している例が散見され、直前の文字との間に境界が置かれない場合があったということが読み取れる。このような現象は句の一字目と二字目の間に多く発生しているという特徴もあり、これは漢語全般に二字のものが多いという傾向を反映したものと考えられる。さらに、この傾向は親鸞自筆資料のみならず、同年代の字音直読資料二点においても観察されるのであり、字音直読資料に現れた漢字音とは常に「規範的」と言えるわけではないことが指摘できる。

The main topic of this paper is the reading boundaries of the Kammuryojukyochu (A Buddhist scripture read by Shinran following the Chinese word-order according to Sino-Japanese readings). From the perspective of reading boundaries, there are two typical features in the Kammuryojukyochu. 1) Boundaries are sometimes irrelevant to the formation of Japanese words. Japanese word beginnings do not always correspond to the word beginnings of Chinese texts. 2) Boundaries sometimes disappear between the 1st and 2nd Chinese characters. This may be related to the tendency of Japanese words of Chinese origin to consist of two-character compounds. These features of Chinese reading could have been not simply Shinran's personal habit but a custom in medieval Sino-Japanese. Although texts read according to Go pronunciation have been studied in term of their "purity", attention should also be paid to these particular Japanizations.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 5(3), 63-51, 2009

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007530480
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    10390538
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ