ソ連における強制労働と建設--囚人と捕虜は、どのように労働利用されたか  [in Japanese] The forced labor and the constructions under the Soviet regime: how were the prisoners and POW's used as labor force under this regime?  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ロシア革命後、ソヴェト当局は反革命勢力などを弾圧するために、収容所を設けた。その後、ソ連邦が成立すると、白海に浮かぶソロヴェツキー島に本格的な強制労働収容所が建設された。1930年代のスターリン時代には、インフラ整備などで労働力が必要なことから、強制労働収容所とそれを管理運営するグラーグ(収容所管理総局)システムが必要に応じて構築されていった。その切っ掛けを提案したのは、自らも最初は囚人であったフレンケリであった。30年代の大粛清などにより無実の人が逮捕され、新しく建設された強制労働収容所で過酷な無賃労働を強いられた。また、第二次世界大戦期には、ドイツ軍や日本軍などの捕虜も同様の労働を強いられた。その結果、スターリン時代に、数百万もの人々が死亡した。1953年スターリンの死とともに、この強制労働システムは急速に崩壊し、囚人や捕虜は釈放されていった。しかし、これらの強制労働はソ連の産業に貢献したが、長い目で見るとソ連崩壊の一因になった。

Journal

  • Journal of inquiry and research

    Journal of inquiry and research (91), 117-135, 2010-03

    Kansai Gaidai University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007531511
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00046756
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03881067
  • NDL Article ID
    10684858
  • NDL Source Classification
    ZK31(言語・文学--外国語・外国文学)
  • NDL Call No.
    Z12-90
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top