G.M. ホプキンズのカトリックへの道-「ナイチンゲール」を通して- G.M. Hopkins' Conversion to Catholicism : Through "The Nightingale"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

産業革命により19世紀英国社会は未曽有の経済的繁栄を成し遂げたが,反面,社会構造に歪みが生まれ,負の遺産とも言うべき影響を,一般社会のみならず宗教界にも与えた。こうした社会情勢の中で1833年に始まったオックスフォード運動は,宗教界の体質改善を求め,英国国教会の惰眠状態を改革しようとするものであった。結局この運動は挫折したのだが,1863年にオックスフォード大学に入学したジェラード・マンリー・ホプキンズ(Gerard Manley HOPKINS)は,在学中,かつて運動の立役者であったピュージーやリドンの影響を受け,更に,カトリックに改宗したニューマンの著書を通して自身の信仰を見直すこととなった。そして彼は,1866年にニューマンの導きでカトリック信者となり,後に,カトリック修道会の中でも一番厳しい信仰生活を求めるイエズス会に入る。ホプキンズの改宗前の初期の詩は,英国国教会の家庭に育った素直な信仰を謳うものから始まり,次第にカトリック改宗に向けての彼の信仰上の苦悩が表れるようになる。その中の一つ"The Nightingale"を精読することによって,船乗りの夫を海で亡くす妻の姿を描きながら,国教会との決別を意識するホプキンズの心情を読み取る。In the 19th century, Victorian England enjoyed tremendous prosperity due to the Industrial Revolution, but it also had harmful influences not only on economy and society but also on religion in general. This social situation caused the Oxford Movement in 1833. This was the movement to reform the Church of England by restoring religious activities. Eventually it ended in failure, but HOPKINS as an Oxford student was influenced by E.B. PUSEY and H.P. LIDDON, the main members of the Movement. Furthermore, by reading J.H. NEWMAN's Apologia Pro Vita Sua, HOPKINS seems to have been drawn gradually toward Catholicism. In 1866 he was baptized by NEWMAN to be a Catholic, and later joined the Society of Jesus, which had extremely hard trainings and disciplines.HOPKINS' early poems show his belief in the Church of England which was fostered in his family, and as time goes on, the trend of his poems changes : that is, they show his religious torment derived from his inclination toward Catholicism. Among them is "The Nightingale". I will elucidate HOPKINS' religious sentiments by scrutinizing the ballad narrative of a wife whose sailor husband drowns in a stormy sea.

収録刊行物

  • 東京農業大学農学集報

    東京農業大学農学集報 54(4), 292-298

    東京農業大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007535513
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00164184
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03759202
  • NDL 記事登録ID
    10626783
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-552
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ