配偶者虐待が深刻化する要因についての研究-事例のメタ分析を用いた虐待のメカニズムの解明- A study of factors inducing critical Domestic violence-Elucidation of the mechanism of abuse using Case-Meta-analytic Method-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

これまでの配偶者虐待研究は、実態調査や量的研究を中心とした虐待の発生や要因についての分析であった。本研究では、「事例のメタ分析」という質的研究法を用いて、虐待の深刻化のメカニズムについての要因分析を行った。対象とした事例は、ある都道府県の児童相談所及び配偶者暴力相談支援センターに持ち込まれた配偶者虐待 23事例であり、「事例のメタ分析」を実施してカテゴリーを生成し、そのカテゴリー間の構造化を図った。その結果、(1)加害者と被害者のパートナー関係、(2)加害者の特徴、(3)被害者の特徴、(4)家族関係の特徴、(5)関係機関との特徴にそれぞれ特徴が見出された。その一方で、虐待の深刻化を低下させるものとして、「ネットワーク機能のある切れ目のない支援」等、6つの要因が見出された。The past studies of domestic violence were investigation into the actual conditions and factor analysis of occurrence of critical abuse, which was quantitative research. This study analyzed 23 cases of domestic violence in Child Consultation Center and Domestic Violence Consultation Support Center, using a case-meta-analytic method(a qualitative analytic method)and examined factors in critical domestic violence. It recognized five categories, (1) the relationship of abuser and maltreated person, (2) the feature of abuser, (3) the feature of maltreated person, (4) the feature of family, (5) the feature of the organization concerned. On the other hand, the factors which prevent domestic violence were found six categories, for example, the network function and continued support system.

収録刊行物

  • 花園大学社会福祉学部研究紀要

    花園大学社会福祉学部研究紀要 18, 31-60

    花園大学社会福祉学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007536317
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10478870
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09192042
  • NDL 記事登録ID
    10705267
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-F635
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ