成功するACTチームを創るための重要なステップとスキル Critical steps and skills to creating a successful ACT team

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

2003年度以降、日本では ACTが制度化されない中で各地で ACTもしくは ACTに類似する活動が取り組まれるようになったが、課題も山積している。その課題の解決方法を探るため、本稿では「米国の ACTチームのスタッフはどのようなプロセスを経てチーミングを行い、成功する ACTチームを創っているか」を研究上の問いとして、 ACTチームのチームリーダーら 8人に半構造化面接を行い、M-GTAを用いて分析した。さらにその結果が日本の ACTチームに示唆することを考察した。 ACTチームのチーミングは大別してチーム編成とチーム運営のステップに分けることができ、チーム編成のステップでは、(1)既存のチームより新しいチームで ACTを立ち上げること、(2)リカバリー志向の ACTスタッフの採用基準を設けること、(3) ACTの臨床活動を開始するまでに十分な準備期間を設けることが必要であり、チーム運営のステップでは、(1)卓越したリーダーシップの発揮、(2) ACTの忠実な再現、(3)スタッフの臨床スキルの向上などの必要性が示唆された

Since 2003, although Assertive Community Treatment(ACT)or similar programs have been seen in Japan, there are many issues such as not having any legality that need to be solved. To study solutions for these issues, this paper has discussed how the ACT team in the U.S.A. can organize successful teaming. Eight people including ACT's team leaders were held mini-structured interviews and the results analyzed by M-GTA. Also discussed was how to use these results for Japanese ACT teams. The teaming process of ACT is divided into forming a team and a team administration. Important points for -A)Forming a team : (1) To create ACT with a new team, not with a present team (2) To set up a hiring standard of ACT staff who have the necessary for recovery-oriented skills (3) To set up a preparation period until ACT has started clinical work -B)Team administration : (1) To exercise the art of leadership (2) To follow ACT policy (3) To improve staff clinical skills

収録刊行物

  • 花園大学社会福祉学部研究紀要

    花園大学社会福祉学部研究紀要 (18), 61-80, 2010-03

    花園大学社会福祉学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007536318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10478870
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09192042
  • NDL 記事登録ID
    10705284
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-F635
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ