大学生の対話力の自発的成長を促す学習環境の探索 : 話し合いに対する自己評定値からの分析 Learning Environment for Undergraduates to Enhance Spontaneous Growth of Communication Skills : Effects of group size

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,6名程度のグループにおいて第三者の援助なしに自ら話し合いを進めるスキルである「自律的対話能力」の獲得を促進する要因として,議論への参加順序およびグループサイズの効果を検討した.議論活動の評価は参加者の自己評定値によって行った.評価は「誠実な参加態度」「対等な関係性」「議論の活発さ」「意見の多様さ」「議論の深まり」「議論の管理」「議論の積み上げ」の7観点で行われた.参加者は大学生89名であった.分析の結果,議論の活発さを促進するためには,他のグループが議論する様子を観察した後で議論に参加させ,グループサイズを6名で一定にしておく,あるいは徐々に増加させることが有効であることが示唆された.議論の管理能力を促進するには,徐々にグループサイズを大きくしていくことが有効であることが示唆された.

This study examined the effects of participation order and group size on discussion training of the autonomous dialogue, which means communication skills for discussing spontaniously without third person's help in a group of about 6 members. Measures for the effectiveness of discussion were self evaluation on rating scales. Participants were 89 undergraduates. They rated their own and others' discussion in 7 dimensions: honesty, equity, activeness, diversity, depth, management, and cumulativeness. As a result, the activeness component was most facilitated when the students participated after observing others' activity under the condition that their group size was kept in 6 members all through the sessions or increased gradually. The management component was most enhanced under the condition that their group size was increased gradually.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 33(4), 431-440, 2010

    日本教育工学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007539015
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    10589052
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ