イネ穂ばらみ期耐冷性に栄養成長期の水温が及ぼす影響の定量化  [in Japanese] The Quantification of Effect on the Cold Tolerance for Sterility Induced by Water Temperature during the Vegetative Growth Stage in Rice  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

イネ穂ばらみ期の低温による障害型不稔は北日本のコメ生産を制限する一因である。これまでの研究により、幼穂形成以前の栄養成長期における温度が耐冷性に作用することが明らかにされてきた。本研究では分げつを切除した主稈のみを用いることで分げつ数などの植物サイズによる影響をできる限り除き、栄養成長期の温度上昇が生理的にどの程度、イネ穂ばらみ期耐冷性に影響するか定量化を行った。

Journal

  • Tohoku Journal of Crop Science

    Tohoku Journal of Crop Science 52(0), 15-16, 2009

    The Tohoku Branch, The Crop Science Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007539127
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00094318
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0911-7067
  • Data Source
    NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top