図形輪郭線の明度変化を用いた情報埋込 Data Embedding by Changing Brightness on Shape Contours

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では画像中の図形輪郭線の明度を意図的に変化させて,視覚的に目立たないように情報を埋め込む手法を提案する.本手法は情報量に応じて輪郭線を複数のセグメント区間に分割し,その明度を境界においては不連続的に,各区間内では埋め込む2値情報に応じて一定規則で連続的に変化させる.この輪郭線上の明度変化パターンで埋め込まれた情報は,カメラ撮影によって生じる輪郭線のひずみに対しても頑健に検出される.撮影画像から情報を正確に読み取るのに必要とされる情報埋込の際の諸条件を携帯電話を用いた実験で調査した.それらの結果から,先鋭な曲がり角を含まない輪郭形状であれば,数バイト程度の情報を安定に読み取れることを確認した.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 93(2), 73-81, 2010-02-01

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007539719
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    10577678
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ