マスク着用にインフルエンザ予防のエビデンスはあるか?-EBMによる検討- Evidence of Facemask for Prevention of Influenza Infections

この論文をさがす

著者

    • 瀧澤 毅 TAKIZAWA Tsuyoshi
    • 千葉科学大学薬学部薬科学科 Department of Pharmaceutical Sciences Faculty of Pharmacy Chiba Institute of Science

抄録

マスクを着用することがインフルエンザ感染予防に有効であるというエビデンス(科学的根拠)があるのかEBMの方法により検討した。そのため本学図書館から利用できる医中誌, JMEDPlus, 医学・薬学予稿集データベース、日経メディカルオンライン、MEDLINE, Cochrane Libraryを検索し、インフルエンザと呼吸器感染症に対するマスク着用の予防効果について、臨床論文を抽出しエビデンスを評価した。マスク着用がインフルエンザや他の感染症予防に有効であることを検証した推奨度A、エビデンスレベル1bのランダム化比較試験のエビデンスはない。これまでマスク着用のインフルエンザ感染症予防を検証するランダム化比較試験が香港とシドニーで実施されたが、いずれもマスク着用と非着用のインフルエンザ感染発症率に統計的有意差はなかった。推奨度B、エビデンスレベル2aの観察研究ではインフルエンザ予防に有効であることを示す非ランダム化比較試験とコホート研究のエビデンスがある。また、SARS感染予防に有効である可能性を示唆する推奨度B,エビデンスレベル3aの症例対照研究のメタアナリシスによるエビデンスもある。一方、手洗いの小児肺炎などの感染症予防効果については、推奨度A,エビデンスレベル1bのランダム化比較試験のエビデンスがある。WHOや米国CDCのインフルエンザ予防ガイドラインはマスク着用よりも手洗いを重視しているが、これは両者の予防効果のエビデンスレベルの違いを反映させたものである。

収録刊行物

  • 千葉科学大学紀要

    千葉科学大学紀要 3, 149-160, 2010-02-28

    千葉科学大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007543517
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1230240X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18823505
  • NDL 記事登録ID
    10613266
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z74-F774
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ