デカルト=ベークマン往復書簡考・上  [in Japanese] Correspondence between Descartes and Beeckman・Ⅰ  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

デカルトは最初のオランダ滞在時に,当地の学者ベークマンと共同で数学的自然学の研究に従事したことが知られている.両者が交わした1619年の6通のラテン語書簡には,その交流のありさまが仔細に描かれている.本稿はその翻訳・注解である.話題は,音楽論,新しいコンパスの考案,角の三等分と三次方程式,新学問の構想,ドイツへの旅の計画,天測による航海術,機械学,ルルスの術,アグリッパなどである.たしかに,デカルトはべークマンから数学と自然学とを結合する発想を得た.だが,後者の研究がどこまでも自然学の枠内にとどまるものであったのに対して,デカルトの構想する新学問はその普遍性においてベークマンを超えるものであった.後年の確執の原因は,二人のこころざしの相違に由来するものでもあろう.両者の背景を考証しつつ,これらのことを具体的に確認する.

This is the first and complete Japanese translation, with an introduction and notes, of the 6 Latin letters exchanged between Descartes and Beeckman in 1619. They show us quite vividly the intellectual activities of young Descartes at Breda in Holland. It is true that the Dutchman taught Descartes to use mathematics in the study of physics,but a Cartesian project of science was wider and more universal than that of Beeckman. This difference seems to be one of the main causes of a conflict between them in the future.

Journal

  • Journal of Nagoya Bunri University

    Journal of Nagoya Bunri University 9(0), 37-47, 2009

    Nagoya Bunri University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007543586
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1346-1982
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top