オタク分析の方向性 Direction of Otaku study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オタク文化の市場規模が大きくなり,海外でも注目を集めている.多くの若者はオタク系のイベントに集まる.オタク文化への言及も非常に多くなっている.本稿の目的は,オタク論の論点を整理し,課題を抽出し,研究の方向性を見出すことである.本稿では,オタクの行動や態度に着目する.オタクは,セクシュアリティ,二次創作,「萌え」,自己言及という特徴がある.これまでのオタク論では性別の違いについてあまり自覚的でなかった.今後は,性の違いを認識すること,その上でオタクとはいかなる過程を経てオタクになったのかなどを検討していく必要がある.

As" Otaku" market has been growing up," Otaku" culture has been drawing more attention even from overseas than ever before. Otaku events attract a great number of young people. Nowadays we can easily find plenty of books and articles regarding the unique culture. This paper aims at defining points to discuss the" Otaku" culture, picking out tasks for its study, and suggesting its research direction. This paper discusses the culture, focusing on such people's distinctive behaviors, (which are) usually featured by sexuality, fan fiction," Moe", and self-reference. What has been lacking in this study is recognition of gender difference. Being aware of the differentia, future" Otaku" research is to consider what kind of process those people have gone through to secure their positions as a genuine" Otaku".

収録刊行物

  • 名古屋文理大学紀要

    名古屋文理大学紀要 9(0), 73-80, 2009

    学校法人滝川学園 名古屋文理大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007543597
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11562518
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1346-1982
  • NDL 記事登録ID
    10329639
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-E987
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ