アクセシビリティを具現した図書館利用教育--現状と課題(1)  [in Japanese] Educational programs for library accessibility: current trends and future problems (1)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

図書館は「読む自由」を保証するため、すべての人に電子資料を含む図書館資料を提供する義務がある。図書館は今や、その電子資料を作る主体でもある。ICT の発達により「読書権」を保証する機会は拡大したが、その利用方法もアクセシビリティに配慮する必要がある。公立図書館の利用教育において、児童や障害者へのサービスは古くから取り組まれているが、重複障害者や高齢者への取り組みは緒に就いたばかりである。そのような現状において、公立図書館での利用教育の課題を分析し、インターネットによる図書館利用教育を中心として、あるべき方向を論ずる。

Journal

  • Journal of Atomi University Faculty of Literature

    Journal of Atomi University Faculty of Literature (44), 95-109, 2010-03

    Atomi University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007558435
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11839735
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-1444
  • NDL Article ID
    10777394
  • NDL Call No.
    Z22-543
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top