松山市の中心市街地の現状と活性化のための取り組み  [in Japanese] The present state and approach for activation of urban area of Matsuyama City  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめに 近年、地方都市の中心市街地の活力が低下していると言われている。大型商業施設の郊外への進出、モータリゼーションによる生活スタイルの変化、交通網の発展に伴う大都市への移動などがその要因として考えられている。このような状況に対処するため、平成10年にいわゆる"まちづくり三法"が施行され、平成18年には改正された"新まちづくり三法"が施行された。本稿では、新まちづくり三法下で中心市街地活性化基本計画が認定された松山市を対象として、基本計画および聞き取り調査2から明らかになった中心市街地の現状と活性化のための取り組みについて述べる。

Journal

  • Bulletin of the Yamagata University Social science

    Bulletin of the Yamagata University Social science 40(1), 97-105, 2009-07

    Yamagata University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007572369
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00243021
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    05134684
  • NDL Article ID
    10430247
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-430
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top