肝芽腫の標準治療  [in Japanese] Standard treatment of hepatoblastoma  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

小児肝癌の多くは肝芽腫で,かつては治療の主体が手術であり,日本小児肝癌スタディグループ(JPLT)が発足するまでの治療成績は,Stage Iでさえ5年生存率は70%程度であった.欧米にて肝芽腫に対する化学療法の有効性が示されるようになり,本邦では1991年にJPLTを発足させ,小児肝癌の化学療法を含めた標準治療の確立をめざして取り組み,諸外国と比較しても遜色のない成績を認めている.

Journal

  • 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 = Pediatric oncology

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 = Pediatric oncology 47(1), 25-30, 2010-02-25

    がんの子供を守る会

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007575312
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116159
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03894525
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top