実物資産の非流動性と家計の資産選択  [in Japanese] The illiquidity of housing and household wealth portfolio  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

この論文では, 日本において中古住宅市場が活発ではなく, 住宅等の実物資産が著しく非流動的な資産であることが, 資産の半分以上を実物資産が占める日本の家計の資産選択の行動に影響を与えているか否かを検証した. 検証方法は, 中古住宅市場の発達度を取引コストに反映させ, Grossman and Laroque (1990) の理論モデルに適用した. そして, 2000 年の個票データ (NEEDS RADAR) を用いて検証した結果, 取引コストとして表される住宅の非流動性は, 日本の家計の資産選択の行動に影響を与えてはいるものの, 実物資産にかかる取引コストだけでは, 日本の家計の資産選択の行動は説明できないことが判明した.

Journal

  • The journal of economic studies

    The journal of economic studies (40), 117-131, 2010-03

    NIHON FUKUSHI UNIVERSITY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007576133
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10367370
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09156011
  • NDL Article ID
    10822721
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-2726
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top