誤解法聴取による正解法理解促進効果 : 小学5年生の算数授業場面における検討 Learning to Solve Mathematics Problems : The Impact of Incorrect Solutions in Fifth Grade Peers' Presentations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,児童が他者の誤りからいかに学ぶことができるかを実証的かつ実践的に検討するため,算数授業において教師から指名された児童が他の児童を代表して解法を発表する場面を構成し,発表される解法を正しい解法のみとするときと誤った解法を含めたときとで聞き手の児童の正解法理解がいかに促進されるかを比較検討した。従来の研究から,正誤解法の提示は事前に正解法を利用する児童に効果があることは知られているが,本研究では,事前に誤解法を利用する児童でも,自らと同じ誤解法が発表される場合は効果が生じることを示す。小学校5年生6クラス170名に算数文章題の授業を行い,児童が正解法を発表し教師も正解法を解説するCC条件と,児童が誤解法を発表し教師は正解法を解説するIC条件を用意し,聞き手児童の事前解法との交互作用を検討した。授業前後のテスト結果より,IC条件では,発表されたものと同じ誤解法を事前に利用していた群の方がそれ以外の誤解法を利用していた群よりも正解法の根拠を高い割合で記述できるようになった。CC条件ではこうした差は見られなかった。この結果から,誤解法の説明は同じ誤解法を使う聞き手の学習に有効であることが示唆された。そのプロセスには,提示される解法と自らの解法とが一致することにより,正誤両解法の対比が行いやすくなり,解法手続きの重要な要素のメタ認知的理解が促進されるメカニズムがあることを考察した。

The present research examined how elementary school children learned from other children's solutions to mathematics problems. Participants were 170 fifth-grade elementary school students. The children solved mathematics problems that they had not yet learned, according to a pretest. Upon completion of the tasks, one participant presented his/her solution to the class, and then their teacher explained the correct solution. In the Correct-Correct condition, one of the children presented a correct solution; in the Incorrect-Correct condition, one of the children presented an incorrect solution. Finally, children solved similar problems on a post-test. The results showed that the Incorrect-Correct condition was especially beneficial for those who had used the same solution as that presented by a peer. This finding suggested that contrasting a correct solution and an incorrect solution was helpful for children who used one of these solutions, because it promoted meta-cognitive understanding of the correct solution.

収録刊行物

  • 発達心理学研究

    発達心理学研究 21(1), 12-22, 2010

    一般社団法人 日本発達心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007580709
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10229548
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0915-9029
  • NDL 記事登録ID
    10707374
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3071
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ