日伊眼鏡産地におけるイノベーション : ファッション化イノベーションを中心とした眼鏡産地の考察 Innovation in the Eyewear-producing Districts of Japan and Italy : A study on fashion innovation in eyewear-producing districts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日伊眼鏡産地に大きな影響を与えた3つのイノベーションである,福井・鯖江産地の「チタン製眼鏡枠」,イタリア・ベッルーノ産地における世界的な規模での「流通支配」,及び眼鏡の「ファッション・アイテム化」について論じ,それが産地の盛衰にどのような影響を与えたのかを分析する。特に,眼鏡製品のファッション・アイテム化については,これをファッション化イノベーションと呼ぶことにし,日伊眼鏡産地,産業に対してどのような意義を持つものだったのかを分析する。現在,日本企業はプロセス・イノベーションからプロダクト・イノベーションへの移行を迫られているが,目に見える,ハードな品質,機能を追求するだけのイノベーションでは限界がある。そういう意味においてイタリア・ベッルーノ産地,企業によるファッション化イノベーションは,競争優位を得ることについてのクラシカルで,シンプルなベスト・プラクティス事例であるといえる。

This paper begins with a discussion of the following three innovations that had a powerful influence on the eyewear districts of Japan and Italy: "Titanium Eyewear Frames", developed in Sabae, Fukui, world-wide "Distribution Domination" instigated in Belluno, Italy and the idea of turning eyewear into "Fashion Items". There follows an analysis of how these innovations positively and negatively affected the two eyewear-producing districts. The movement to make eyewear into "Fashion Items" will be here termed "Fashion Innovation", and the implications of the movement will be examined. Japanese companies are now under pressure to shift from process innovation to product innovation, but there is a limit to innovation, as it pursues only visible hardware quality and features. In this sense, the "Fashion Innovation" undertaken by companies in Belluno, Italy is a classic and simple case of best practice that deals with the acquisition of competitive advantage.

収録刊行物

  • 研究 技術 計画

    研究 技術 計画 24(2), 187-191, 2010

    研究・イノベーション学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007580784
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1030142X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09147020
  • NDL 記事登録ID
    10616045
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-1368
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ