小惑星イトカワ表面に存在する岩塊の表面組織の解読 : 小惑星のフィールド岩石学の試み  [in Japanese] Interpretation of the surface textures of boulders on Asteroid Itokawa : A trial of field petrology of an asteroid  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

はやぶさ探査機による小惑星イトカワ表面の画像から小惑星表面の巨礫の組織観察を行うことができた.イトカワ表面の巨礫は,大まかにいって不均質な破壊強度を持つものと,均質な破壊強度をもつものに分けられる.前者は角礫岩と考えても矛盾はない.一方,後者の組織は一般的なLLコンドライトには見られない.衝撃によってかなり溶融した普通コンドライト隕石は,そうでないものよりも均質でより高い破壊強度を持つことを考慮すると,後者の巨礫はそのような隕石と類似の岩質をもつかもしれない.これらの巨礫はイトカワの祖先天体で形成されたと考えられる.高解像度画像は小惑星の地史を検討する手段として非常に有効である.

Journal

  • Planetary people

    Planetary people 19(1), 12-22, 2010-03-25

    The Japanese Society for Planetary Sciences

References:  30

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007580875
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10446455
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0918273X
  • NDL Article ID
    10611599
  • NDL Source Classification
    ZM33(科学技術--宇宙科学)
  • NDL Call No.
    Z15-791
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top