イタリアにおけるパゾリーニ現象 -自身の研究をふりかえりつつ- The Pasolini Phenomenon in Italy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 土肥 秀行 DOI Hideyuki
    • 静岡文化芸術大学文化政策学部国際文化学科 Department of International Culture, Faculty of Cultural Policy and Management, Shizuoka University of Art and Culture

抄録

詩人・小説家・映画監督ピエル・パオロ・パゾリーニPier Paolo Pasolini(1922-75)をめぐるイタリアでの一連の社会的な現象について概括する。死後30余年を経ていまなお注目される存在であるものの、その都度スキャンダラスな死ばかりが話題となってきた。一方、近年では全集の出版などによりニュートラルな研究基盤が築かれつつある。著者のこれまでの研究もその地平に 置付けられる。またモラルの規範としてのマエストロ(師)像が作り上げられ、左派・右派問わず広範な支持を得ている。とはいえ生前は時代遅れの詩人とみなされ、1960年代の後半から「もと詩人」とでも呼べる姿勢で詩作に臨まなければならない試練にも直 している。ここではその一例、1970年の詩「瞑想の語り」を挙げる。

The article presents a reading of the whole of the "Pasolini Phenomenon" in Italy. First, the article discusses the unstoppable, even meaningless, succession of images of the assassination scandal which has continued for more than thirty years after the death of the poet. Second, the article tries to find a neutral ground upon which to base these studies about Pasolini; it also attempts to orient future studies on the poet. The article concludes by outlining the shape of a "maestro" for our times, longed for by a vast population of even opposing political orientations. The so-called Pasolini Phenomenon is recognized, but once the poet was regarded as a poet "passed" it forced one to assume an attitude of "ex-poet". Finally, a proposal for the reading of a poem from 1970, Oral Meditation, written on commission for a collaboration with Ennio Morricone, will be given as an ex-poet's example.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 10, 107-115, 2009

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007587073
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    10994042
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ