リバプール、海商都市の歴史観光 Liverpool-Maritime Mercantile City, a historic city tour

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 種田 明 OITA Akira
    • 静岡文化芸術大学文化政策学部文化政策学科 Department of Regional Cultural Policy and Management, Faculty of Cultural Policy and Management, Shizuoka University of Art and Culture

抄録

本研究は2008年欧州文化首都リバプールを分析の対象にしている。中世の小さな漁村は、18世紀第一四半期から19世紀初頭まで「(いわゆる奴隷)三角貿易」の中心の港として繁栄した。奴隷貿易廃止(1807年)以後は、南北アメリカ・オーストラリアおよびその近隣やその他への海外移民の送出港として、ある研究者によると900万人(かそれ以上)のヨーロッパの人びとを見送ってきた。 こうした「負の遺産」にもかかわらず、2004年にはユネスコ世界遺産リストに登録され、2008年には欧州文化首都に選定されている。 (文化政策研究科長研究費08調査研究報告/種田担当分)

This paper analyzes Liverpool. Its waterfront area of the city, Liverpool-Maritime Mercantile City, was granted UNESCO World Heritage and was registered with the WHC-List in 2004. Liverpool, but we know was mainly in the 18th and in the beginning of the 19th century the apex of the `slaving triangle' in which manufacturing merchandise of Britain was traded for African slaves, who were then shipped to the West Indies (now Caribbean) and America where they were in turn exchanged for raw cotton, sugar and tobacco. Liverpool, after the abolition of the trade (1807), was the port that continued to grow and to cope with wholesale British and European emigration, which a researcher counted up to 9 million people leave for the Americas, Australasia and so on between 1830 and 1930. Although Liverpool has its `negative' inheritance, the city is selected as European Capital of Culture for 2008.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 10, 117-124, 2009

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007587080
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    10994046
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ