緩和ケア認定看護師教育におけるポートフォリオ導入の効果 The effect of Introducing Portfolio in educating Certified Nurse in Palliative Care

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

埼玉県立大学では、平成17年度から看護職の生涯学習の一環として、また本学の公開講座の専門職講座として8ヶ月間の認定看護師教育課程を開講している。受講生は、臨床5年以上、専門分野3年以上のキャリアをもつ看護師であるが、経験や基礎教育課程などはさまざまである。そこで、各自が主体的に自己の課題に向かって学びを深められるように、開講時よりポートフォリオを活用している。今回は、緩和ケアコースの研修期間を修了した受講生を対象に、研修修了時に実施したインタビューをもとにポートフォリオの活用についてその効果を分析した。その結果、ポートフォリオの活用は、学習意欲の他、緩和ケア認定看護師の実践能力に不可欠な対人関係能力や対象者の心情にかかわるケアに必要な能力の向上が期待できると考えられた。

収録刊行物

  • 埼玉県立大学紀要

    埼玉県立大学紀要 11, 35-39, 2009

    埼玉県立大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007590179
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11480694
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13458582
  • NDL 記事登録ID
    10951256
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-E365
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ