室町幕府奉行人奉書の一特徴について On a Common Feature of the Bugyoninn-Hoshos made by the Muromachi-Shogunate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

室町時代中期以後の室町幕府奉行人が幕府に訴えを持ち込まれる諸々の不法案件の問題解決を図るべく当該不法案件の根本の原因を成した不法行為の処置方針を示す目的で作成し、発した奉行人奉書を見ると、「向後」発生する懸念のある同様の不法行為の行為者を「罪科」に処する旨を宣言して予告している事例が相当数見受けられる。しかし、中世前期まで主に訴状の上に書き表されていた「向後傍輩」または「傍輩向後」を見懲らす趣旨の見懲らし文言を載せている奉行人奉書の残存例は、一つも見当たらない。室町幕府が常に当該不法案件に関する終局的な判断を公権的に表示していたと考えられる奉行人奉書の上に見懲らし文言が一度も書き表されることがなかったと言う顕著な特徴点を考慮すると、恐らく当該時期の室町幕府は、不法案件の処理を図る上で中世前期的な見懲らし型刑罰観や中世前期的一般予防観念ひいては一般予防思想に立脚して判断を行ったことが一度もなかったのではないかと考えられる。

収録刊行物

  • 26, 143-161, 2010-03-31

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007590205
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11838721
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • データ提供元
    NII-ELS  IR 
ページトップへ