現代GP体験ゼミ 吉野川源流の自然と文化を見て・知って・考えてみる 現代GP「豊饒な吉野川を持続可能とする共生環境教育」の一環として A practical training in environmental education for traversal thinking of a nature and historical heritage of headstream of Yoshino river : a educational significance of environmental education for symbiosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

吉野川は、その流域に豊穣な土地を生み出し、藍作により地域産業の基盤が築かれて発展してきた。これまでの現代GP体験ゼミでは、吉野川下流域の自然を利用した地域文化の歴史的意義を体験して考える目的で、吉野川第十堰の改築問題、藍作と食文化、下流域の植生と水生昆虫の生息などを取り上げてきた。この取組の結果、徳島の文化の基盤が吉野川の自然の思恵を受けて築かれてきたことに関して、体験を通して考えるきっかけを提供することができた。今回は、吉野川源流の一つである剣山の植物、動物の生態と山岳信仰を取り上げ、郷土の自然を体験しながら学びを深めるゼミを実施した。その結果、野生のカモシカや鹿の生息を直接観察することができた。また、鹿の生息域が剣山の稜線近くまで上昇していることなど、生態系の変動から環境の変異を体験する機会となった。さらに稜線近くに生息している鹿が樹木の立ち枯れを起こる原因になっていることを直接目で確かめることが出来た。今回の取組のような地域の自然をフィールドとした体験型授業の実施は、学生に対して主体的な学びの意義に対する理解を深めることができることが明らかになった。本稿では、今回の取組の概要を紹介し、その意義を考察した。

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル 6, 115-119, 2009-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007591423
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    10235140
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ