医学書の乳海攪拌神話 The Churning of the Ocean as Quoted in Medical Books

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

The Churning of the Ocean (samudramanthana) is one of the most popular episodes in classical Indian myth.The story also appears in Tibetan medical paintings as an illustration of the origin of the poison. The Tibetan version contains some unique episodes and somewhat differs from the epic-purāṇa versions; moreover, some parallel passages of these episodes can be found in Indian medical books. By comparing these versions, we will be able to find another tradition of the story, different from the tradition of the well-known epic-purāṇa versions.乳海攪拌神話は、古典的なインド神話のうちでもっともよく知られた挿話のひとつである。この物語は、チベットの医学絵画にも、毒物の起源の説明として現われている。このチベット版は、叙事詩・プラーナ文献とはやや異なる、独特の挿話を含んでいる。そして、このような挿話と類似した記述が、インドの医学書に見いだされるのである。これらの異本を比較することによって、周知の叙事詩・プラーナ文献の伝承とは異なる、もうひとつの伝承を見いだすことができるであろう。

収録刊行物

  • 東海大学紀要. 海洋学部

    東海大学紀要. 海洋学部 8(1), 35-41, 2010-04-20

    東海大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007591534
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00157043
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13487620
  • NDL 記事登録ID
    10687906
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z74-D880
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ