二次元マトリックスによる仮説の外化と操作に関する研究 : 小学校6年生「水よう液の性質」の実践から  [in Japanese] A Study of Hypothesis Externalization and Operation using a Two-Dimension Matrix  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,理科実験において,学習者が自分たちの仮説を外化し,操作することの効果が報告されている。本研究では,仮説に対する自信と証拠の程度を二次元マトリックス上に外化する学習活動を提案した。その授業実践から,学習者の学びの様相を明らかにした。学習者は,仮説を操作するツールとして同期型CSCLシステムを利用し,実験結果の書かれた表と二次元マトリックスを行き来しながら学習を進めていた。二次元マトリックス上の移動は,証拠軸は成功した実験数によって,自信軸は仮説の確証を得ることで移動をする。教師は,このような特徴を理解することで,二次元マトリックス上の仮説ラベルの位置や移動経路から,学習者の実験活動や考察の進行状況を把握できると考える。

In this study, we used a two-dimension matrix to externalize the content of hypothesis, and the level of confidence and evidence to hypothesis. The students operated the hypothesis using Synchronous CSCL. The students were frequently switching table of experiment results to two-dimension matrix. When the successful number of experiments increased, students moved the label following the course of the axis of evidence. The students then moved the label following the course of the confidence axis when a hypothesis was confirmed by experiments. The teacher can understand the advance situation of study from the position of a label, or changes.

Journal

  • Journal of research in science education

    Journal of research in science education 49(2), 59-65, 2008-11-30

    Society of Japan Science Teaching

References:  12

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007592950
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11406090
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13452614
  • NDL Article ID
    9745023
  • NDL Source Classification
    ZF9(教育--各科教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1282
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top