FDファシリテーター養成研修の効果に関する一考察--徳島大学におけるFDファシリテーターの役割と意義 A study on the effectiveness of FD facilitator training program in 2009: the role and significance of FD facilitator in Tokushima University

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

徳島大学では2002年度より教育革新FDプログラムが立ち上った。現在までに多様な全学FDプログラムが開発・実施されてきている。その中でも部局FDの組織化を目指した研修プログラムとして部局FDを実質的に担当する教員を養成するためのFDファシリテーター養成研修を実施している。2008年度からは部局FD組織が実質的に機能し始め、全学的なFD実施組織と部局FDの連携が活発に実施されるようになりつつある。部局FDを推進する担い手となるFDファシリテーターの役割や存在意義は部局FD組織にとって、ますます重要なものになりつつあると考えられる。 FDファシリテーターはFD組織の発達にも関わるコアメンバーであり、実質的なFDの実践を続けていくためには、FDの専門性に加え、組織に関わる正統的成員(1)としての高い当事者意識が必要である。本研究の目的は、徳島大学におけるFDファシリテーターの役割とその意義に注目し、FDファシリテーター養成研修でのアンケート調査をもとに、効果検証を試みるものである。特に、2009年度の研修については、FDファシリテーターにとって重要な知識やスキルの獲得と、FDファシリテーターとしての当事者意識に関わる意欲や自信の変化に注目したところ、スキルアップと当事者意識の変容に関する効果が見られた。

Since 2002,educational innovation has started through FD programs at the University of Tokushima.Until now various university-wide FD programs have been developed and conducted. The FD facilitatortraining program has been carried out to develop teachers who are responsible for FD in their respectivedepartments. The Aim is to build up FD organizations in each department. Depaetment FD organizations have been incorporaled substantlally since 2008. We see elaborated collaboration between theuniversity-wide FD organization and the departmenta FD organizations. The roles of the FD facilitator of eachdepartment as the core member to promote their departmental FD are becoming more important. To keeppracticing substantial FD,they need to be conscious of their identity as the FD facilitator. They need to beactively involved in facilitating FD programs for their departments while maintaining a sense of ownership asan authentic member of the department.The aim of this paper is to discuss the importance of the FDfacilitator program based on the results of the questionnaire survey conducted at the beginning and the endof FD facilitator training. To evaluate this program,we pay close attention to whether the participants are ableto acquire FD skills and knowledge which are considered necessary. Futhermore focus on whether theydemonstrated any attitudinal change in their motivation and confidence as FD facilitators.

収録刊行物

  • 大学教育研究ジャーナル

    大学教育研究ジャーナル (7), 1-10, 2010-03

    徳島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110007596043
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1199130X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18811256
  • NDL 記事登録ID
    10645759
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-R151
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ