ストック・オプションの評価誤差--理論・実証研究からの示唆  [in Japanese] Valuation error of stock options  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、ストック・オプションの価値評価に関する問題点について、評価誤差という観点から整理する。ここで本研究における評価誤差とは、評価公式それ自体が取り込むことのできない事由により発生する評価誤差と、評価公式適用者の裁量による評価誤差の2つを意味する。前者については、いくつかの理論研究を概観し、それぞれの評価公式を用いて算出された公正価値にどのくらいの価格差が発生するかを検証する。後者については、これまで米国において行われてきた実証研究にもとづいて、ストック・オプションの評価額の決定に際して、経営者がどのような裁量的行動を行っているかを考察する。

Journal

  • NUCB journal of economics and information science

    NUCB journal of economics and information science 54(2), 89-107, 2010-03

    Nagoya University of Commerce & Business Administration

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110007598075
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11573434
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13466097
  • NDL Article ID
    10811893
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-303
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top