1501 「見える化」から見えてきた「見える化」の効果(一般セッション) 1501 An effect of "mieruka"

この論文にアクセスする

著者

抄録

プロジェクト内での情報共有やコミュニケーションが非常に難しくなっている.これはプロジェクトが短期間でメンバーの流動性も高く,メンバー同士のコミュニケーションが不足していることが原因である.我々のプロジェクトも例外ではなく同様の問題を抱えていた.そこでこの問題を解決する手段として,TPS(トヨタ生産方式,Toyota Production System)をソフトウェア開発に取り入れた『朝会』,『ソフトウェアかんばん』,『ふりかえり』と呼ばれる3つの手法と,独自の取り組みである『進捗見える化』,『テスティングフレームワーク』(富士通開発のテスト支援ツール)を適用実施した.これらの取り組みは予想以上に情報共有化,コミュニケーション噌加,モチベーション向上,進捗の可視化に効果を発揮することができた.これらの効果が得られる理由として,活動を続けることによりリーダーのシェアが起こるのではないかと考える.本文では取り組みがなぜこれらの効果を発揮できたのか,何が変わっていったかを考察し,取り組みを成功させるためのポイントやリーダーの心構えを述べたい.

The information sharing in the effect project of I saw from I "see, becoming" it, I "see, making" it it and communication become very difficult. A project is high in the fluidity of the member in a short term, and there is this for communication between members being short. Our project had a similar problem not an exception. Therefore is "the morning gathering" that took in TPS (Toyota production method, Toyota Production System) for software development as means to solve this problem, "software かんばん", technique of 3 to be called "a feint burr" and an original action; "progress was seen, made" it it, and an application carried out "testing framework" (a test support tool of the Fujitsu development). Of information communalization, communication increase as for these actions more than expected, and making progress motivation improvement was visible, and was able to show an effect. I think that the share of the leader may happen by continuing being active as the reason why these effects are provided. I consider what changed why an action was able to show these effects in the text and want to speak a point and the mental attitude of the leader to let an action succeed.

収録刊行物

  • プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集

    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集 2008.Spring(0), 297-301, 2008

    プロジェクトマネジメント学会

各種コード

ページトップへ